ワークショップ開催のお知らせ

teruru.meのワークショップで楽しく『占い』と『カウンセリング』を学びませんか?

☑ 趣味やお仕事として占いを身につけたい。

☑ 自分に自信を持ちたい。

☑ 感受性が強く、人からの影響を受けやすい。

☑ 言いにくいことを伝えられるようになりたい。

そんなあなたなら、いっそう価値を感じてもらえるはずです。

2020年初夏コース・真夏コース参加者の募集が始まりました。
あなたのご参加をお待ちしております!

ヘキサグラムスプレッドを用いたタロット占いの鑑定例「大学生の息子が連絡不精で困っています。私が過保護なのでしょうか……」

こんにちは~。占い師の浅野輝子です。
今日は、分析やアドバイスに力を入れ、前を向いて歩きだす力を支援するメニュー
『前に進むためのメール de タロットカウンセリング』の公開鑑定をお送りいたします。
(ご購入は【コチラ】)

「大学生の息子と上手くコミュニケーションが取れません。私が過保護なのでしょうか。どう関わったらいいのでしょうか?」という、家族関係についてのお悩みです。

前回の記事、挫折しない独学タロット講座で解説した『ヘキサグラムスプレッド』を用いた鑑定です。

この実例が、teruru.meを利用検討中の方やタロット勉強中の方のお役に立ちますように!

スポンサーリンク

相談内容

Yさん

輝子さんはじめまして。
ブログを拝見し頷けるお話の数々に鑑定を依頼したく思いました。

大学生の息子との関係で悩んでいます。
息子は現在19歳。大学2年生です。
高校生あたりからこちらが話しかけても会話もままならなくなりました。

年頃を考えれば当然ですし私もそろそろ子どもを手放さなければならない年齢だと理解していますが最近の息子はひとたび家を出ればいつ家に帰ってくるのかすらわかりません。

新型コロナウイルスの感染も気になるので友人づきあいもほどほどに、と、しつこくならないよう細心の注意を払って伝えていますが、
誰の家にいるのか、どう過ごしているのか何もわからず、聞いても答えてくれないので憤りと心配と自己嫌悪で度々ぐちゃぐちゃになります。

先日、息子は「友達の家にいる。別に街に出るわけじゃないから」と言って外出したのですが、何時頃帰宅するのか、何度か連絡を入れても返事はありませんでした。

夜になり、電車にしろバスにしろ終電が危うい時刻になってきたので「楽しんでいるところ水を差してはわるい」と思いつつも、車で迎えに行くことを視野に入れて電話をしました。

しかし息子は出てくれず。電話に出てくれないとなると、「何かあったのでは?」と不安が膨らみ、5回ほど電話してしまいました。
(後日、たいへん疎がられる行為だと反省しました……)

その日は結局、0時を回って「帰宅時刻くらいは連絡するべき。帰ってくるのか帰ってこないかすらわからないと、遅くに家に人が入ってきたとき泥棒なのか家族なのかわからないし困る」とメッセージを送ったのですが、
数時間経って夜中の2時頃に「夜中に帰宅して物音を立てると家族を起こしてしまうので今日は友達の家に泊まる」と息子からメッセージが。

友達の家に泊まるならそこはどこなのか、誰の家なのか教えてほしいと追加で連絡したところ返事なし。

私の感覚がおかしいのかと自問しましたが、
「いや、息子が報告や連絡を怠らなければ私だって何度も電話を入れずに済む話。一緒に住んでいるのだから最低限のマナーがあるはず。家族に不安を抱かせるような息子の態度はよろしくないのでは……」
「この態度は大人として社会を渡り歩くに相応しくないのではないか。いま正さねばならず、その責任は家庭にあるのではないか」
「でも私が過保護になりすぎなのでは。子離れできていないのでは」

などと、様々な感情が交錯して、どう対応するべきなのか迷子になっています。

なにかアドバイスいただけたら幸いです。

占い師個人の所感(ご返答序文)

浅野輝子
ご相談ありがとうございます。
お話を伺って、ミズキ様の胸の内には懸案事項が2つあるのかな、と感じました。

ひとつは「息子さんに態度を改めてほしい、そのために息子に対してどう接したらいいのか?」という問題。
そしてもう一つは「私は正しい?」「間違っている?」という葛藤の問題です。

私は、一緒に住んでるんだったら最低限の報告連絡相談は必要だと思います。
「一緒に住んでいるのだから最低限のマナーがあるはず」とのミズキ様の意見にはアカベコの如くうなずいてしまった。

一方で、息子さんも配慮が全く無いわけではないようだ、とも感じました。
「友達のとこ行ってくる。別に街を出歩くわけじゃないから」と宣言して出ていくのは、お母さんがコロナの感染を心配しているのを理解しているから。

「夜遅くに帰宅して家族を起こすと悪いから……」という返信は、ミズキ様のメッセージの後半にあった「帰ってくるのか帰ってこないかすらわからないと、遅くに家に人が入ってきたとき泥棒なのか家族なのかわからないし困る」に対するアンサーとなっています。
本当は「帰宅時刻くらいは連絡するべき」という指摘に対して答えてほしかったですが、こういうのって往々にして後半の方が拾われがちなんです……涙。

欲しい答えが返ってこないのは息子さんに遠慮してしまったり、ちょっぴり“責め”のニュアンスが乗っかってミズキ様の言葉が変化球になってしまっているのも一因かもしれませんので、焦点を絞って短く投げかけてみてくださいませね。

それにしてもなあ。
19歳というと「もう子どもじゃないんだし自分の責任で色々と勝手に過ごしたい!」という盛りですよね。
連絡不精に陥るお子さんの気持ちもわからんではないですが、報告連絡相談がないのは困っちゃうな……。

タロットにアドバイスを求めてみましょう。
ヘキサグラムスプレッド(7枚引き)でタロットを展開いたしました。

スポンサーリンク

鑑定画像

UNIVERSAL WAITE TAROT / Stuart R. Kaplan (Author), Pamela Colman Smith (Original Illust), Mary Hanson-Roberts (Illust) ©1992 U.S. Games Systems, Inc.

一番上のカードが[過去]です。
[過去]を頂点に、正三角形を描く右斜下のカードが[現在]。
そして左斜下が[未来]です。

逆三角形。時計で言うと2時のあたりの方角に展開されているのが[ミズキ様]を表すカード。
反対側、10時の方角にあるのが[息子さん]を表すカード。
一番下。6時の方角のカードが[対応策(ミズキ様へのアドバイス)]。

そして中央の1枚が[結論]です。

第一印象として、思った以上に息子さんの「放っておいてほしい気持ち」が大きいようだな、と感じました。

過去・現在・未来

■過去

【ワンド(棒)ペイジ正位置】
ワンドは人間関係や情熱を象徴するスートです。ペイジは見習いの少年を意味します。
高校生あたりから会話がままならなくなった、とのお話でしたが、その時期を指しているカードだと感じます。
描かれている少年の目線は上向きです。方角は右(=タロットでは「未来」を表します)を向いている。
彼は高校生頃、「よし、大人の仲間入りをするぞ!子どもから抜け出すぞ!」という前向きな意識を持っていたようです。
でもでも、親御さんから見ればまだまだ危なっかしい。
子どもって、親が思うほど子どもじゃないし、本人が思ってるほど大人でもないですよね。
息子さんの「大人としてみてほしい」という気持ちと、親御さんの「イヤイヤまだ子どもだよ」という気持ちのズレが、現在に繋がっているように見えます。

■現在

【18 THE MOON(月)正位置】
夜の支配者、月のカード。意味は「暗中模索」「困惑」「現実逃避」などです。
「暗闇の中前が見えない」というネガティブなカードですが、絵をよく見ると月のモチーフは昼空を輝く太陽も模しています。
悩みの渦中は前が見えなくても必ず夜は明ける、と教えてくれる1枚です。
また、曲がりくねった道はそれでも遠く頂へと続いています。
『どうしたらいいのかわからなくてもちゃんと道は続いている。今はミズキ様も息子さんも悩むのが正常である』と語っているかのよう。

過去、現在、未来の3枚を見ると、このカードだけが大アルカナですから、いまこそが山場であり、今後は楽になったり、解決の兆しが見えてくるのではないかと存じますよ。

■未来

【ソード(剣)6逆位置】
ソードは精神性を司るスートです。精神性とは、己の確固たる価値観、“自分軸”を指します。

「剣」は決断の証。頼もしい心の軸。息子さんは今後、一個人として成長を果たしてゆかれることでしょう。
また一方で、「剣」は“切る道具”ですから、就職や結婚などを機に「思い切って実家を離れる」といった未来も予測されます。
少し寂しい心地がいたしますが、6は数秘術において交流の数字です。
後ろ姿を見送る構図であるこのカードが逆位置で出ているのは「もしも離れて暮らしても、心はつながっている」ことの現れです。
このカードの逆位置には「徐々に心が切り替わってゆく」という意味があり、今は困難でも、次第にいい距離感になってゆく、と捉えられます。

相手・自分・アドバイス

■息子さんの立場・気持ち

【21 THE WORLD(世界)逆位置】
大アルカナのラストを彩る【21 THE WORLD(世界)】は、大団円、本当の平和、矛盾もいさかいも愛も憎しみも全部ひっくるめてこの世界をまるごと肯定しちゃう、というカードです。

このたびは逆位置で登場したことから、「自分の世界は外にある」と息子さんが言っているかのように私には感じられました。
ふと気になったのですが、息子さんに自室はありますか?
「家の中には自分の世界がない」とリーディングできるので、自室が無いとしたら、それも彼の不満のひとつなのかもしれません。

それから、“19歳男児”の彼は、たとえどんなに平和であたたかな家庭でも「家族の心の距離が近すぎて居心地が悪い」と感じてしまう時期なようにも思えます。
成長過程のあるいっとき、このような時期は、無いよりむしろ“あって正常”です。
「心を開かせよう」と近付くのは返って頑なにさせてしまう要因になりうるので、ことさら慎重に。
どんなに心配でも、連絡の頻度を落としたほうが心が通う近道になるかと存じますよ。

もう一つ。
……もしかしたら親御さんとしては受け止め難いかもしれないのですが、話させてください。
世界のカードに描かれている人物は両性具有だと言われています。
転じて、彼が一緒にいる相手は実は“友人”ではなくて“彼女さん”という可能性もあるな、と私は感じました。
ショッキングかもしれないけど、でも、19歳ですもの。
そういう年齢だと徐々に認めていく必要はありますよね……。

人は、「話しても大丈夫。受け入れてもらえる」という安心感があって、初めて本当のことを話せるものです。
「彼女がいてもおかしくない年齢だ!」と、こちらが認めて関わってゆくと、はじめはバツが悪くて「友達のとこ行く」と言っていたのが、「彼女の家だ」とちゃんと明言してくれるようになってゆくのではないかと存じます。
(もちろん、これはあくまでも可能性のひとつに過ぎませんが……!)

ところで、「自分の世界は外にある」「家の中に自分の世界がない」とは非常にショッキングな言葉ですが、彼は家族のことは嫌いではないはずですからそこはご安心ください。
【21 THE WORLD(世界)】は、基本的に「みんな良ければいい」という平和のカードなのです。

「自分が家族から少し距離をおいている方が、親が自分のこと気にしてナーバスにならずに済むんじゃないか?」
「例えば自分の趣味を持ったりして、快活に過ごしてもらえるんじゃないか?」と、彼は彼なりの思いやりで動いていらっしゃるように見えますよ。

■ミズキ様の立場・気持ち

【ワンド(棒)4逆位置】
先程の【21 THE WORLD(世界)】は「すべての人の平和」を表しますが、こちらは「家族の平和」を象徴するカードです。
ミズキ様は、「家族はお互いを大事にするもの」「わかり合おうとするもの」と、理想を持っておいででしょうか。

そして、チクリとした言い方になってしまうのですが、心のどこかで「息子が家庭の和を乱している」と、彼を責める気持ちがないでしょうか……。
いやいや原点に帰れば息子さんが報告連絡相談を怠っているからだし、「ちゃんとして」と言っていかなきゃならないのはそうなんですけど、でも、「家族なんだから」というアプローチだと、今の彼には響きにくいのだと思います。

残る2枚。[アドバイス][結論]のカードを見ると如実に感じるのですが、「家族」という枠組みを取っ払って考えたほうが、彼も、そしてミズキ様ご自身も、楽になれそうな兆しが現されていますよ。

■アドバイス

【カップ(聖杯)ナイト正位置】
展開位置で相対する[過去]には【ワンド(棒)ペイジ】が出ていますね。

タロットは
『彼が“少年”だったのはもはや過去。青年として、一人の大人として認めて関わりましょう。
本人の責任でやらせて良い。それが彼を信頼するということ。外の世界で、彼はきちんと学んでいます。
ときには本人が痛い思いをすることもあるかもしれませんが、それすらも彼の学び。
責任を親が負わなくても良い段階です。離れて、あたたかく見守って』と伝えています。

スポンサーリンク

タロットの示す結論および占い師の総論

■結論
【ペンタクル(金貨)10】
金貨は丸く、固く、お財布の中にジャラジャラと集められても一個体を保ちます。力を合わせることはあっても、物理的には混ざり合いません。

『まあるく優しく、でも距離はほどほどに置いて。別々の人間だってことを意識して関わろう。頑張らなくても、自然とそうなってゆくから、受け入れる準備をしましょうね』とタロットが示しているかのよう。

「家族がお互いを大切にする」「わかり合う」それはとても尊く、正しいこと。
ですが、家族は案外自分で選べません。
自分で選べる家族というと……配偶者とペットちゃんくらいじゃないかな。
たとえ親子でも、生まれてみなければ相性はわからないし、自分自身のコピーではなく、他人と言わざるを得ません。

「家族だから」よりも、「家族といえども個人の集まり。集団生活である」と伝えたほうが息子さんは納得しやすいと思います。

振り返ると、息子さんとミズキ様の両者を表す2枚は「平和を願うカードが」「逆位置で出ている」という点で共通していました。
息子が正しいのか、間違っているのか。私が正しいのか、間違っているのか。という疑問に対して、
タロットは『お二人とも正しいが、ベクトルが違っているため混ざり合わないのだ』と答えを示しています。

金貨は現実的、物質的事象の象徴。
「家族なのに、子どもが分かってくれない」「家族なのに、親が分かってくれない」という気持ちの話にしないことが肝心です。
例えば、「午後4時の時点で自宅におらず、夕飯がいるのか要らないのか連絡がないなら、その人の夕飯は作らない」のように、集団生活上のルールを明確に定めて共有するのはいかがでしょうか。

また、「誰の家にいるのか?何時に帰るのか?」については、彼が言いたくないのか、なんとなく連絡していないだけなのか、尋ねてみてはどうでしょうか。
もしも「言いたくない」のだとしたら、その意見は尊重した方が良いかと存じます。
尊重しようとしても抵抗感があるのなら、ミズキ様ご自身の過去の経験や思いを紐解き、原因を探る必要がありそうです。

ミズキ様。少し早いですが、長きに渡る子育てお疲れ様でございました。
もうあと1年もすれば、彼も晴れて成人です。
大人と大人のやり取りだと念頭に置いて、相手を尊重する姿勢を彼に示してあげてくださいませ。
きっとそれは、彼が人生で関わる誰かを尊重する姿勢に繋がりますから。

お客様の感想

Yさん

丁寧な鑑定をしてくださりありがとうございます。
胸が一杯でどこからなにを話したものか要領を得ない文章となりそうです。すみません。

冒頭から核心を突かれドキリとしました。
実は息子が高校1年生のときに避妊具を見つけてしまい叱り飛ばした過去があります。
もしものことがあってはいけないという責任感からでしたが、親の身勝手な言い分ですね。
興味本位で手にしたのか?相手がいるのか?
詮索すると彼女がいたため「責任の取れないようなことをしないように」と強く伝えました。
おそらくそれが私と息子のすれ違いの原点です。

今になって思えば主人に相談して父親から伝えてもらったり様子を見るなどの方法もありそうですが子の思わぬ成長に動転して対処を間違えたのは私の拙さ。
不信を買ってしまったのは受け入れなければなりません。

都合上子供部屋を家具やパーテションで区切って個室としていますが下の子(女児)の部屋と隣接なのでプライバシーを守るには不十分なのはそのものズバリでした。
あえて書かなかったわけではないのですが実は彼が向かう先は友達の家ではないのかもしれないと予感していました。こんな時勢にわざわざ出かけてゆくほど大切な相手なのかもしれないと。

タロットはこうも的確に事実を浮き彫りにするのかと驚くとともに様々な予感が確信に変わり非常にすっきりしました。
占いは好きでときどきしてもらいますが、こんなに的を射ていて厳しくても嫌な気持ちにならず、これからどうしたらいいかがクリヤーに感じられたことはありません。
輝子さんの丁寧な寄り添いに深く御礼申し上げます。

息子が私や家族を嫌っているわけではないことなど、こちらが早合点して絶望しそうな部分は詳しくはっきりと述べてくださいましたし、息子の出向く先が女性の家かもしれないと慎重に配慮をもって伝えてくださったのは特にありがたかったです。

集団生活上のルールを作る。私自身がそうしたいと心から思いました。
欠けていたのはそこですね。「家族」を押し付けないこと。気持ちに頼らないこと。
頭の中に絵に書いたような理想の家庭像があり、追い求めすぎました。

輝子さんがくださったメッセージのすべてが今の私に必要なものでしたが、
>人は、「話しても大丈夫。受け入れてもらえる」という安心感があって、初めて本当のことを話せるものです。
には特に光をいただきました。

息子に安心して関わってもらえる私になりたいですし、私も彼に真実を話してもらって安心したいです。
目指すべき姿に向けて色々に試行してみます。この度は誠にありがとうございました。

※本公開鑑定はご家族のプライバシーに関わる記載があったため「お客様の感想」の掲載を控えることも検討しましたが、クライエント様とご相談のうえ特定に至らないよう一部ふんわりさせて公開させていただきました。「同じように悩む方の参考になれば」と申し出てくださりミズキ様、ありがとうございました!

※めちゃくちゃ荒削りな撮って出しのリーディング風景動画もありますが見ますか?
我ながら「なんや?なに言ってんのかよくわからんな」と思ってしまいましたが……。
この動画をメール鑑定に落とし込んだものが、今回の記事です。

LINEで送る
Pocket

傷ついたときもひとりじゃないよ。

タロット占い、数秘術、心理学(カウンセリング)を
身につけたい方はワークショップをご検討ください