■2014/5/4~5/10今週の数秘ワンオラクル

imageおはようございまーす!ゴールデンウィーーク!
そろそろこたつをしまおうか悩んでいます……。

さて、5/4~5/10今週の週刊ワンオラクル。
ご自身の誕生数か、心に決めた好きなナンバーを見てね(しっくり来る方法を選んでね)

【誕生数を出してみよう!】
まず、西暦から誕生日まですべての数を足してください。そして導き出された数を一ケタになるように足してください。この一桁の数があなたの誕生数です:-D 例:1982年5月27日生まれの場合1+9+8+2+5+2+7=34 3+4=7 誕生数は7となります。

それでは行きますよ~。

【1】カップ(聖杯)10[正] 水辺に並ぶ10のカップ。幸せそうな男女や遊んでいる子どもたちが描かれています。大切な人たちと心が行き交う時。大きなサプライズ!とはいきませんが、きらめき、ときめき、小さな感動が沢山ありそうです。心を開いて関わればあなたも周りもより一層笑顔になれるよ。

【2】ソード(剣)ナイト[正] 空を貫く剣。真っ直ぐな道を駆ける騎士。「助けが来る」とか「助けに行く」というイメージのカード。あなたの信念は守られます! 周辺がざわついても短期間で過ぎ去るので問題ありません。むしろあなたとあなたを取り巻く大切な人たちの結束を強める材料となります。

【3】ソード(剣)4[逆] 眠る戦士のベッドに置かれた剣は戦いの場に赴く象徴。色鮮やかなステンドグラスは理想や愛や家族などを表します。思い描く理想が今は遠く感じられるかもしれません。そんな時は小さな目標を沢山立てて1つずつクリアすると心が楽ですよ。十分に休息を取って動き出そう!

【4】ワンド(棒)キング[逆] ワンドの王様は「お父さん」や「社長」のイメージ。逆位置だと「権力不足」「仕切れてない」「裏目に出る」。あなた自身が力及ばずとヘコむか、もしくは身近な誰かに「しゃきっとせえよ」と思うのかも。期待しているからこそなんだよね。その奥底の光の感情を大切に。

【5】カップ(聖杯)キング[逆] カップの王様は見守る優しい父性、柔和さ、協調性を持っています。逆位置の場合、そういう良い面が発揮出来てなかったり「相手に譲りすぎ!」と注意してるカードに見える。自分を大事にしていいんだよ。「悪いなあ」と思わなくていいんだよ。

【6】9隠者[逆] 隠者は「知恵」「経験」「落ち着き」「一人を好む」「騒がしさを嫌う」。逆さまなので「はー、もー、一人にしてよ!」とか「騒がしいなぁもー」みたいな感じ。そして、その不満を、絶対相手に伝えない感じ! どうして欲しいか言っていいんだよ。「察しろ」より話が早いかもよ!

【7】3女帝[逆] 女帝は「女性らしさ」「感受性」「ゆったり感」「甘える」「守る」。逆さまなのでちょっとせかせかしたり、「いーッ!」となったり、自分らしさがファラウェイしそう。でも良くも悪くも女性のカードですからね。
「気分転換にお茶を飲む」や「人に気持ちを聞いてもらう」など、ぴょっと糸口さえ掴めば自分を取り戻せますよ。

【8】ソード(剣)6[正] 剣の刺さった船がゆらゆら進む。家族の後ろ姿。「ここではないどこかへ」というカード。終わらせた何かに後ろ髪惹かれる想いがする? でも今は振り向くとあやふやな結果になりそうです。留まるも進むも勇気がいること。どちらも間違ってない。だから悩みぬいた末に出した結論を信じて。

【9】ワンド(棒)6[逆] 張りぼてのお馬に乗って勝利者が進む。周りには支援者の行進。逆位置だと「他者の支援にまわる」「支援者の不足」などを表します。でも張りぼての馬ですから、今は通過点に過ぎません。誰かに少し譲ることで次の機会は意見を聞いてもらいやすくなることもある。未来への投資だと思って今は無理せずゆるりとやりましょう。

LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク