数秘術が楽しくなってきた

20130417-1

ワンオラクル:コインの6、分かち合う のカード。

日頃私はライダー版系のタロットデッキを使用しています。
たまちゃんの講座でマルセイユ版に触れられたこと。それに伴い、数秘術についてのお話を伺えたことは私にとってとても大きな収穫でした。
リーディングの幅がぐっと広がった感じです。
お値段以上のクオリティを発揮する大容量9段収納棚がキャスター付きなんと1990円で!みたいな感じです。
わかりにくいですか。そうですか……。

数秘術、タロットとは切っても切れない関係なのですが、長らく苦手としていまして……。
色々と本も読んでみたのですが、一般の方向けの書籍のほうが圧倒的に多いんですよね。
「計算して誕生数を出してみよう」のあとは、「1の人はこんな人だよ、2の人はこんな人だよ」ということが書かれていて、個人もしくはグループで楽しむための本といった印象で、バックボーンがうまくつかめず、学生の頃に挫折してしまいました。

その点、たまちゃんはマルセイユ版に欠かせない(小アルカナがライダー版のようなわかりやすい絵ではなく、トランプのような状態なのです)数秘術の根底となる、ユダヤの人々の哲学から触れさせてくて、すごくわかり易かった。

良書も沢山ご紹介いただきましたし、さらに学びを深めて、血肉となったら実践に活かしてゆきます!
イェイイェイ:-D

LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク